HAN1191 タイシルクピンク紫白□柄絣半幅帯

HAN1191 タイシルクピンク紫白□柄絣

□商品説明

長さ 422cm

幅  16cm  
重さ 400g
片面、タイシルク、ピンク紫、青紫、ピンク、クリーム色、渦巻き柄、紬風手織り絣
    ピンクライン入り
片面、タイシルク、ピンク系裂き織り、ピンク紫、ベージュ、ライン入り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

¥28,000

  • おかげさまで売り切れました

両面ともに、ピンク、ピンク紫系で、着物を着る日が楽しみになりそうな半幅帯です!

 

当店人気の、ピンク系、ピンク紫、青紫系ですが、両面とも統一感のあるお色目のため、

 反対面が見えてもびっくりしすぎません。

 

渦巻き模様の青紫、ピンク紫の面は、太めの糸で織りあげられたざっくりした紬風の手触りです。

タイの東北部ブリーラム県の村で織られているもので、この村はこういう織物を得意としているところなので、

帯に仕立てたるために色と柄をで考えて、織ってもらったものです。

 

金麦の広告に使われたピンク紫の帯もこの村で織られたものです。

半分が無地っぽく、もう半分が渦巻き柄になっているので、どちら上下にするか、

鏡の前で上下を逆にしたり、悩ましくも楽しく考えてしまうところです(;^ω^)

 

反対面はピンク系の裂き織りで、裂き織りといっても一般的な布を裂いて織った裂き織りではなく、

色々な絣柄を織機にかけて織りあげたものです。

 

タイにはこういう少し残った絣柄の糸を織機にかけて織った織物がたくさんあります。

現在ではこの柄が人気があるため、この裂き織りの布を製作するために、特別に

糸を染めて用意したもので製作されたタイシルクです。

 

お色目が統一されているので、柄が大きめ、色がたくさん入っている着物に合わせても

無地っぽく決まるので万能選手で活躍してくれそうです。

 

絣柄の中に、ラインが織り込まれているところもあって、これは絣柄と無地の糸を交互に織っている

からであって、着物好き、布好き、きれいなものがお好きな方には必ず

お分かりいただける手の込んだ織物です。

 

どの着物に合わせようか、結び方はどうしようかしら?お友達の反応はどうかしら?

と、着物を着る日が待ち遠しく楽しくなるようなそんな半幅帯です。

 

浴衣だけでなく単衣や、袷の着物にも、普段着上等お出かけ着物に

ピッタリなこんな半幅帯、ぜひいかがでしょうか!(^^)!